レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペースの違い

コロナ禍になり、働き方も変わり、ご自宅近くのシェアオフィスやコワーキングスペースを利用するようになった方も増えてきてるのではないでしょうか?

ところで、レンタルオフィス、シェアオフィス、コワーキングスペースの違いはご存知ですか?

①レンタルオフィス
②シェアオフィス

③コワーキングスペース

レンタルオフィス
レンタルオフィスとは、個室スペースを借り、その他複合機や会議室など業務を行う上で必要なものは他の会社と共有して利用するオフィスのことです。

もちろん設備などはレンタルオフィスよって異なりますが、机や椅子、Wi-Fi環境などが完備されている所がほとんどで、来客時の対応や配達物の受け取りなども行ってくれる場合もあります。

賃貸オフィスを自前で借りるのとは違い、会議室などの設備を他の会社と共有するため同条件の賃貸オフィスを1社で借りるより費用を抑えることが可能です。

よく弊社でもレンタルオフィスと間違えられますが、シェアオフィスやコワーキングスペースなどとの最大の違いはやはり個室があることです。

レンタルオフィスのメリット
・初期費用等のコスト削減
・法人登記、住所が名刺に記載できる
・来客時の対応をしてもらえる
・郵便物の受け取りもしてもらえる
・個室が用意されている

 

シェアオフィス
シェアオフィスとは、複数の利用者がオフィス機能を持つスペースをシェアして利用するオフィスのことを指します。

「オフィス機能」というのは、会議室や複合機といったものから、電話や住所(法人登記や名刺に記載できる)、郵便受けなどといった一企業として対外的に必要な機能も含まれています。

シェアオフィスのメリット
・初期費用のコスト削減
・法人登記、住所が名刺に記載できる
・来客時の対応をしてもらえる(弊社では対応)
・郵便物の受け取りもしてもらえる(弊社では対応)
・多種多様の業種業界の起業家と交流が持てること
・独自のネットワークを広げられる

通常オフィスを自社で借りようとすると、賃料はもちろん、光熱費、複合機、電話、その他什器備品など、オフィスにかかる初期投資は結構なコストなります。

シェアオフィスであれば、そういった基本的なオフィス機能はすべて整っていますので、初期投資を大幅に抑えることができます。

シェアオフィスの利用者の多くは起業家です。

様々な業種業界の起業家と交流が持てること、独自のネットワークを広げられることはスタートアップを考えている人にとっては願ってもない副次的メリットだと考えれられます。

弊社ではシェアオフィスでも来客時の対応や郵便物の受け取りも行っております。

 

コワーキングスペース
コワーキングスペースとは、不特定多数の利用者がオフィス機能を持ち、コミュニティ形成に重点を置いたスペースをシェアして利用するスペースのことを指します。

シェアオフィスと非常に似ていますが、この「コミュニティ形成に重点を置いた」というのがコワーキングスペースの最大の特徴になります。

シェアオフィス同様、ビジネスに必要なオフィス機能を備えています。

シェアオフィスとの明確な線引きが難しいという意見もありますが、

シェアオフィスが既に動いている仕事を中心にネットワークやコミュニティが形成されやすいのに対し、コワーキングスペースは新しいアイデアやビジネスを生み出すためのコミュニティが生まれやすい土壌が整えられていると考えるとわかりやすいかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか?

レンタルオフィスとシェアオフィスやコワーキングスペースの最大の違いは個室の有無です。

弊社ではレンタルオフィスはございませんが、弊社のシェアオフィスは個室以外はレンタルオフィス以上の機能、サービスを行っております。

このように働き方の可能性を広げてくれるオフィス形態は色々な進化を遂げています。

あなたの働き方の効率を大きく変えてくれるオフィスが見つかることを願っています。

The following two tabs change content below.

たべりすちゃん

(株)meetrance広報(株)meetrance
食べる事が大好き! リスなのに、好きな食べ物は苺とチョコレート! 主に国立を始め、多摩地域中心に出没します。
記事を共有 : 

関連記事